つるビーの たんけん!みちのえき⑪ そばの脱穀をやってみた

December 15, 2016

みてみて!このきれいな花。

なんだかわかるかな?

こたえは…そう、そばの花なんだ!

 

 

きょうはみちのえきのすぐ裏の畑で、

そばの脱穀作業があるってきいたから

おじゃましてきたよ。

 

ハウスのなかにはいると…わお!

 

 

みわたすかぎり、そば・そば・そば。

 

地域おこし協力隊の横井さんの畑のそばの脱穀に

ちかくの畑のおじいさん・おばあさんたちや

しやくしょ、のうむじむしょのひとたちが

お手伝いにきていたよ。

 

 

 

みんなでひたすら、刈って乾燥させたそばを

たたく・たたく・たたく…

 

 

茎から実をおとしたら、こんどはそれをふるいにかけて

細かいわらと実とをよりわけていくんだ。

 

このどうぐ、ずっと昔から使われている古~いものなんだって。

たしかになんだか、おもむきがあるような…

 

 ぼくもちゃれんじしてみたよ!

 

 よこいさんも。みなさんにお手伝いに来てもらっているというより、

これはすっかり指導をしてもらっているような…

 

・・・

 

ふるったものをこんどは「唐箕(とうみ)」という機械にかけて

さらに細かいごみとそばの実とをわける作業をするよ。

 はいってみた。ぼくもよりわけられちゃう…!

 

 

この機械も昔ながらの手回しタイプ。

ちょっとずつ均等に入れながら、ハンドルをまわして風をおこし

その風で軽いごみやもみがらをふきとばすよ。

 

 ゆだんして風下にいたら、ごみだらけになっちゃった。。。涙

 

 

とうみを使いこなすのって、けっこうコツと、力がいるんだね…

みんなでじゅんばんに、交代しながら回したよ。